栃ノ心が首ひねりで宝富士を退けた。相手得意の左四つで寄られたが、右腕で首を抱えて力ずくで倒した。幕内では2010年名古屋場所以来となる珍しい決まり手を「あまり覚えていない。たまたま」と振り返った。2勝目と引き換えに右脇腹付近を痛めた様子。「大丈夫。寝れば治る」と言いつつも、支度部屋では患部を押さえてうめく場面もあり、表情はさえなかった。