いけすから盗まれたカンパチはその場でさばかれた可能性があります。9日午前6時半ごろ、和歌山県白浜町にある近畿大学のベンチャー企業のいけすから、養殖されていたカンパチが3匹減っているのを職員が確認しました。いけすの近くには血の痕があり、別の場所で血の付いたサバイバルナイフが見つかったことから、警察は犯人が現場でカンパチをさばいた可能性もあるとみています。盗まれたカンパチは時価2万5600円相当で、警察は