菅官房長官は13日午後、来年度の「桜を見る会」を中止すると発表した。安倍首相が自らの後援会から数多く出席させ「私物化している」などと追及されていたが、菅官房長官は政府として招待基準の明確化や、透明化が必要だと判断し、予算や招待人数ふくめ、全般的な見直しを行うという。