“オリジナル”の響きを持つ言葉の数々本田圭佑の所属クラブがフィテッセに決まった。海外クラブでのキャリアをスタートさせた地であるオランダに戻った形となったが、フィテッセは本田圭佑に何を求めているのか。10年ぶりの帰還で新たな挑戦が始まる。(取材・文:本田千尋【フィテッセ】)--------------------他の誰でもない“オリジナル”であること。そして、この世界の誰も追随できない“オリジナル”であり続けること――