台風19号から12日で1か月となるのを前に、自民党の岸田政調会長が茨城県の被災地を視察し、災害で発生したゴミを一日も早く処理できるよう、政府に働きかける考えを示した。自民党・岸田政調会長「山積みになった廃棄物、これを一日も早く処理するべく、地元自治体の皆様とも連携をしながら、政府にも努力をしてもらうよう、与党として、しっかり働きかけをしていきたい」台風19号によって発生した災害廃棄物の仮置き場など