フライブルク対フランクフルトの試合終了間際、タッチライン際での接触が引き金にドイツ1部フランクフルトは現地時間10日、ブンデスリーガ第11節フライブルク戦に臨み、敵地で0-1と敗戦を喫した。試合終了間際には乱闘騒ぎが発生し、両チームが退場者を出す事態に発展。現地誌は「スキャンダルが起きた」と報じている。フランクフルトは日本代表MF鎌田大地が先発出場し、元日本代表MF長谷部誠はベンチスタート。試合は前半を0-