NHKのテレビの放送をインターネットで同時に配信しようという事業について、総務省は8日、この業務にかかる費用が膨らむ恐れがあることから、NHKに対して事業計画の再検討を求めました。NHKが検討するテレビとインターネットの同時配信は今年5月の放送法改正で実施可能となり、NHKは先月にネット業務に関わる「実施基準案」を提出していました。NHKはこれまでネット業務にかかる費用を受信料収入の2.5%にとどめるとしてきまし