羽田空港の第2旅客ターミナルビルなどで6日朝から続いていた断水が8日午後に解消した。塩分が混じった水を貯水槽から抜いて、改めて水質を調べたところ異常は見つからず、供給を再開した。なぜ「しょっぱい水」になってしまったのか。最初に異変が見つかったのは、機体を洗う洗機場。水が塩辛くなっていることに気付き、調査のために6日午前9時ごろに国内線の第1、第2ターミナルとともに給水を止めた。水質に問題がなか