中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が2019年7〜9月期に世界で出荷したスマートフォンは6660万台で、前年同期比28・2%の大幅増となった。米調査会社IDCが7日発表した。米国の制裁による悪影響が懸念されたが、影響が出にくい中国国内での出荷が急増した。