衆院予算委員会は6日、安倍首相と関係閣僚らが出席して集中審議を行った。首相は、菅原一秀・前経済産業相と河井克行・前法相の辞任について、「就任からわずか1か月あまりで相次いで辞任する事態となったことは、国民に大変申し訳なく、任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。野党側は首相の任命責任を何度もただしたが、首相は「国政に遅滞を生じることのないよう行政を前に進めていくことに全力を尽くすことで