中学生らに入れ墨を入れたなどとして警察が暴力団事務所を捜索しました。指定暴力団旭琉会二代目照屋一家の組員・當山大悟容疑者(23)は去年11月から今年4月にかけて、中学生ら3人を暴力団に勧誘し、さらに入れ墨を入れたとして逮捕されました。これを受けて警察は5日、那覇市内にある組事務所の家宅捜索に踏み切りました。捜索は約30分ほどで終了し、今回の事件に関する資料や暴力団の組織図を押収したとみられています。