by BiljaSTFacebook傘下のメッセージアプリWhatsAppは2019年10月、「テロや犯罪と戦うために役立つ技術を提供している」と主張するイスラエルのテクノロジー企業NSOグループを、「WhatsAppのビデオ通話システムを通じて権利活動家や弁護士・ジャーナリストにサイバー攻撃を仕掛けた」として提訴しました。今回の事件についての調査状況に詳しい人物によると、攻撃のターゲットには「アメリカの同盟国の政府高官」も含まれていると