「とてもたくさん泣いた一年だった」そう振り返るシーズンは、悲しみ混じりの笑みとともに、唐突に幕を閉じた。長いシーズンの掉尾を飾る、年間ランキング上位8名によって競われるWTAファイナルズ。「優勝を狙って」参戦したその大会で、大坂なおみはラウンドロビン(リーグ戦)の2戦目直前に棄権を表明した。棄権したWTAファイナルズの会見で大坂なおみがシーズンを総括理由は、右肩の痛み。それは約3週間前に、チャイナ