総務省が行う国勢調査で、インターネットによる回答が全国的に導入された2015年分の支出について調べた会計検査院が、紙の調査票約450万枚と、調査票の記入方法を記した手引約200万部の用紙・印刷代計約3500万円が不当な支出だったと総務省に指摘することがわかった。ネット回答は、10年の国勢調査で東京都で試行され、3度の試験調査を経て15年に全国で実施された。関係者によると、総務省はシステム障害