衆院予算委員会は22日、防衛施設庁事件など官製談合の集中審議を行い、談合の温床とされる天下りの禁止問題など再発防止策を審議した。山本明彦議員(自民)は、額賀福志郎防衛庁長官に、事件と天下りについての認識を尋ねた。額賀長官は「公務員が業界の便宜を図り、再就職先を考えていなかったわけではない」と語り、「早期退職勧奨制と定年制の延長を考え、段階的に改革を行う必要がある」との見方を示した。民主党議員は、