テア・シュテーゲンは、FCバルセロナがスラヴィア・プラハ相手に苦しんだ試合展開において、非常に批判的だった。ブラウグラナのGKは記者会見にて、「望んでいたレベルでプレーしていないので、腹が立ちました。幸いなことに、我々は3ポイントすべてを取りました。これは常に重要ですが、いくつかのことについて、チームで話し合う必要があります」とコメントした。同ドイツ人選手は公の場でこの問題に言及したくない様子をみせな