中国・江西省玉山県の公安当局が、賭博の取り締まりを理由にすべてのマージャン店に閉店を命じたものの、ネット上で強い反発を呼び、1日で撤回に追い込まれた。中国メディアが報じた。習指導部が取り組む犯罪一掃キャンペーン「掃黒除悪」の一環だが、国民的「マージャン愛」の反発にあった形だ。北京紙「新京報」などによると、自主的な閉店を20日に通告したところ、ネット上で「庶民の娯楽を奪うのか」などの批判の声が集