米国が提唱する有志連合と、伝統的友好国であるイランとの狭間で、対応が求められていた、中東における船舶の安全と自衛隊派遣の検討結果は、10月18日のNSCで、防衛省設置法4条に基づく、「調査・研究」を根拠とした「情報収集体制の強化」が目的であると発表されました。イランとの関係を配慮して、ホルムズ海峡は含まれず、防衛相の判断で派遣が可能で、国会承認も必要とされません。即位礼正殿の儀に参列する首脳と