アメリカの調査チームが、太平洋戦争のミッドウェー海戦で、1942年6月5日、米軍に撃沈されて海底に沈んだ帝国海軍の空母「加賀」と「赤城」を発見した。この海戦を機に、日本は敗戦への道を歩んでいく。ミッドウェー海戦から77年、日本は再び空母を保持するのみならず、自衛隊は海外でも活動するようになった。今、日本政府は自衛隊の中東派遣を検討している。中東地域では不安定な状況が続いている。ソマリアやイエメンで