台風19号が東日本を縦断した13日、青森県大間町の大間崎近くの津軽海峡では、長い膜を持ったタコのようにも、イカのようにも見える奇妙な軟体の生き物が見つかった。地元漁師の竹内薫さん(69)が午前6時半ごろ、岸から5、6メートルほどの場所でコンブ漁をしていた際に海中を漂っていた。長さが2メートルはある薄くてピンク色の膜が足の間にあったが、「タコだと思って」つかまえた際、膜はちぎれて短くなったという