果たしてジョシュア・サージェントが、米国からどういった状態で戻ってくるのか?それがヘルタ・ベルリン戦に臨むヴェルダー・ブレーメンにおいて1つの疑問とんっていたが、その答えを開始からわずか7分で目にする結果。19歳の点取り屋は、さっそく先制点という形で応えてみせたのだ。若きFWの成長に眼を細めるコーフェルト監督は「まだ19歳で長距離移動は勉強していかないと。うちと同様に経験を積んでいかないとね」