核保有国と非保有国の有識者らが構成する「賢人会議」は、核軍縮の進め方に関する報告書を外務省に提出しました。アメリカとロシアが核戦力の削減に向け、さらに努力することなどを求めています。賢人会議は唯一の被爆国である日本が核保有国と非保有国の橋渡し役となることを目的とし、おととし11月の初会合から合計5回の会合を重ねてきました。報告書では核軍縮に向けた「困難な問題」として、存立を脅かされている国家によ