[ワシントン20日ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は20日、金融緩和と柔軟な財政政策、長期的な潜在成長力の押し上げに向けた構造改革という政策ミックスが、景気刺激に有効となる可能性があるとの見解を示した。総裁は20日に開催された有識者会議(G30)のセミナーで、先進国中銀には成長押し上げのための政策手段が十分にあると指摘した。その一方、財政支出や経済の潜在成長力を押し上げる構造改革が、金融緩和の