立花孝志という人が実にユニークな人だということは分かっていたが、しばしばユニーク過ぎて周りの人を唖然とさせてしまうことは問題だろう。参議院埼玉選挙区の補欠選挙を戦っている最中に次の選挙への立候補を公言するなどと言うことは、常識がある人はしない。お、早くも戦線離脱か、と受け止めた有権者も結構おられるのではないか。いくら投票率を上げようとしても、戦意を喪失した候補者を応援しようなどという奇特な人は現れ