戦闘機F35A、1機40億円割高で調達検査院が報告https://digital.asahi.com/articles/ASMBK3RG7MBKUTIL00Z.html?pn=6>米国の有償軍事援助(FMS)による防衛装備品の調達状況について、国会からの要請を受けて検査をした会計検査院は18日、検査結果を国会に報告した。米国の最新鋭戦闘機F35Aの調達で、日本政府が国内企業を製造に参画させるなどしたため、1機当たりの調達価格が米国より40億円前後高くなって