海外出身者を受け入れてきた日本ラグビー界 知られざるルーツ東洋経済オンライン

海外出身者を受け入れてきた日本ラグビー界 知られざるルーツ

ざっくり言うと

  • ラグビーW杯に臨んでいる日本代表は、31人中15人が海外出身者である
  • 中でも一大勢力はトンガ出身者だが、そのルーツは「ソロバン留学」
  • 勉強のストレス発散のためにラグビーが用意され、現在の礎となったそう

ランキング