安倍晋三首相は19日、首相官邸で開いた非常災害対策本部の会議で、台風19号の記録的大雨により甚大な被害が出た長野県を20日に視察すると表明した。長野では千曲川の堤防が決壊し、大規模な浸水が発生した。首相は現地で被害状況を確認するとともに、被災者や自治体関係者から要望を聴取する考えだ。首相は会議で「被災地では今なお、行方や安否が不明の方々がいるほか、4000人を超える被災者が避難所で不自由な生活