[ワシントン18日ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は18日、米中貿易摩擦や中国の需要低下がアジア地域に悪影響を及ぼしているため、アジア各国は経済見通しに対するリスクの高まりに直面しているとの見方を示した。IMFは15日に発表した世界経済見通し(WEO)で、アジア太平洋地域の経済成長率見通しを2019年で5.0%、20年で5.1%と、世界金融危機以降で最も低い伸びに引き下げた。IMFの李昌?(