[18日ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が18日発表した第3・四半期(9月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。「コカ・コーラゼロシュガー」などソーダのミニ缶販売が好調だった。炭酸飲料の販売高は2%増。ゼロシュガーや「スプライト」の北米での販売高が2桁増となった。また7.5オンス(約221ミリリットル)のミニ缶が2桁の伸びとなり、少量缶が堅調だった。事業の買収・売却や為