[ワシントン18日ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は18日、連邦準備理事会(FRB)は世界的な通商の減速による米経済への影響が製造業と投資を超えて広範に波及しているか見極めているとしながらも、現時点で「本格的な利下げサイクル」には入っていないと述べた。カプラン総裁は、世界経済の減速が製造業部門と企業投資以外の部門にも拡大するリスクがあるか連邦公開市場委員会(FOMC)で討議されてい