【ニューヨーク=上塚真由】国連総会(193カ国)で17日、人権理事会(47カ国)の理事国改選の選挙が行われ、2017年から理事国を務めている日本が再選を果たした。日本の選出は5回目となり、任期は20年1月から3年間。また、独裁的なマドゥロ政権で深刻な人権侵害が指摘されるベネズエラや、国家分裂状態にあるリビアも選出された。選挙では毎年、3分の1が改選され、今年は5地域14枠が対象となった。日本は