ブランドカキ「鳴瀬かき」を出荷する宮城県東松島市東名(とうな)地区では、台風による高波と暴風で海が荒れ、収穫間際のカキの2割ほどが海底に落ちてしまった。被害額は1千万円ほどに上るという。生食用むき身カキの出荷が7日に始まったばかりで、県漁業協同組合鳴瀬支所のかき部長会長、木村喜久雄さん(67)は「台風の規模からすれば全滅の恐れもあったので、これだけの被害で済んだと思うしかない」。外洋にある10