『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、開催中の臨時国会で会社法の改正案に注目すべき理由を語る。***臨時国会が始まった。政府は日米貿易協定の国会承認を今国会の最優先課題として位置づけるが、もうひとつ官僚たちがひそかに力を入れている法案がある。それは会社法の改正案だ。すでに東京証券取引所のルールによって大部分の上場企業は社外取締役を置いている