自民党の二階俊博幹事長は17日、広範囲に甚大な被害をもたらした台風19号の被災地を視察した。台風被害をめぐる自身の“失言”を挽回すべく、災害に強い国づくりを目指す「国土強靱(きょうじん)化」の必要性を改めて強調した。9月の党役員人事では、自身の幹事長続投を疑問視する声もあっただけに、二階氏は党内各派との会食も重ねるなど、足場固めに余念がない。「災害復旧は先手先手で対応していく努力を進めていかな