(17日、プロ野球ドラフト会議)最速163キロを誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は、大船渡市内の公民館で指名の瞬間を待った。ステージ上に設けられたテレビモニターの前に、同校の国保陽平監督らと並んで座った。日本ハム、ロッテ、楽天、西武の順で4度、1位指名で名前が呼ばれた。そのたびに、野球部員らから拍手が起きたが、学生服姿の佐々木は緊張した面持ちのまま。ロッテの井口監督が交渉権監督のくじを引き当