[ニューヨーク16日ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は、ECBはインフレ目標に上下に対象的なレンジを設け、金融政策を設定する際に幾分かの余裕が得られるようにする必要があるとの考えを示した。ECBはインフレ目標を「2%に近いがこれを下回る水準」に設定しているが、マイナス金利政策や資産買い入れ策などの極めて積極的な刺激策の導入にもかかわらず、過去8年間