[ワシントン16日ロイター] - 米商務省が16日発表した9月の小売売上高は前月比0.3%減と、2月以来7カ月ぶりに落ち込んだ。製造業の弱含みがより広範な経済に波及している懸念が高まり、米連邦準備理事会(FRB)が今月も利下げを決める材料になる可能性がある。市場予想は0.3%増だった。8月の小売売上高は当初発表の0.4%増から0.6%増へ上方改定された。9月の前年同月比は4.1%増だった。自動車