東京メトロでは外国人観光客への対応を強化するため、12の言語に翻訳できるアプリが搭載されたスマートフォンを駅員が携帯することになりました。東京メトロがNTTドコモと共同で開発した翻訳アプリは英語や中国語、韓国語のほか、スペイン語やタイ語、ロシア語など12の言語に対応します。スマホで聞き取った外国人観光客の言葉を通訳し、駅員が返答すれば音声とテキストでその言語に変換します。災害時など特殊な場面での対応