【AFP=時事】シリア北東部でクルド当局が運営していた、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員らの家族用のキャンプに収容されていたフランス人女性少なくとも3人が、ISの元へ連れ戻された可能性があることが分かった。この女性らが自身の担当弁護士に対して送信し、AFPが15日に入手したメッセージで明らかになった。ISに加わるためシリアに渡航したものの、ISの敗北に伴って避難民キャンプに収容されていた数人のフ