政府は15日、今月署名した日米貿易協定の承認案を国会に提出した。今臨時国会で承認を得たい考えで、茂木敏充外相は記者会見で「一日も早い発効を目指し、丁寧に説明していく」と述べた。協定では、日本が環太平洋連携協定(TPP)の範囲内で農産品市場を開放。米国は幅広い工業品の関税を撤廃・削減するが、自動車・同部品での撤廃は見送られた。野党からは、農産品の関税撤廃をめぐる譲歩や米国の自動車関税の扱いにつ