台風19号による被害が拡大する中、自民、公明両党から15日、災害に強い国造りを目指す政府の「防災・減災、国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策」について、期限延長を求める声が相次いだ。自公両党は台風関係会合をそれぞれ開催。政府を全面支援していく方針を確認した。緊急対策は昨年の西日本豪雨などを受けて昨年12月に閣議決定された。2018〜20年度までの3年間で、浸水・土砂災害対策など計160項目に