記録的な大雨をもたらした台風19号による被害で、15日昼までに67人の死亡が確認され、19人が行方不明になっている。河川の堤防の決壊も長野や宮城など7県の47河川、66カ所に上っており、各地で捜索や復旧作業が続いている。15日昼までの朝日新聞の集計によると、家屋の浸水や土砂崩れなどによって、福島県で救助中の死者1人を含め25人、宮城県で12人が亡くなった。川崎市の沖合で12日夜、パナマ船籍の貨