[ロンドン14日ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカンリフ副総裁は14日、金利が長期にわたって低水準にとどまる場合、将来的な景気低迷に対抗するためにカウンターシクリカル資本バッファー(CCyB、好況時に積み上げ不況時に取り崩せる資本の割合)を一段と強化する必要があるかもしれないとの見方を示した。副総裁はロンドンでの講演で「バッファーの解放は、銀行に対する融資削減圧力を低下させ、マク