今度の「iOS 13」は、たとえパッと見は変わらなくても、使えば使うほど細かい部分まで大きく変わったことを実感できます。標準装備のWEBブラウザアプリ「Safari」も例外ではなく、かなり計算されたうえで細部の操作性が変更されています。ポイントは、画面上部のスマート検索フィールド(WEBサイトのアドレスを表示/検索語を入力する欄)の左端にある、大きさの異なる2つの「A」が並ぶボタンです。iOS 12までのSafariは、このボタン