[マドリード14日ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は14日、ユーロ圏の銀行間の統合は避けられないが、収益性や評価の低さが統合を非常に困難にさせるだろうと述べた。副総裁はマドリードで開催された金融業界のイベントで、「低い収益性が最終的に評価の低さにつながり、必然的に金融セクターでの統合が非常に難しくなる」と指摘。ユーロ圏の銀行の収益性の低さは高コスト構造と人員余剰にも関係し