避難所で炊きだしに当たるボランティア=長野市産経新聞

雨は小降りで危険性を感じず 住民が語る「危機一髪」だった避難

ざっくり言うと

  • 台風19号の大雨で、長野市の千曲川が氾濫し、浸水は数キロ範囲に及んだ
  • 氾濫前、同市北部の住民は「雨は小降りで危険性を感じなかった」という
  • だが消防の呼びかけを聞いて早い段階で避難し、間一髪、危険を免れていた

ランキング