■台風19号支援通信被災地支援などに取り組む任意団体「震災がつなぐ全国ネットワーク」は、自宅を片付ける前に、被害の様子が分かる写真を撮るよう助言する。自治体から罹災(りさい)証明書を発行してもらったり、保険金の請求をしたりするのに役立つ。家の外を4方向から、つかった深さが分かるように写す。引き気味、アップなど、何枚も撮っておく。人を一緒に写すと、浸水の高さが分かりやすい。家の中、車や物置も、手