JR東日本は13日、台風19号の大雨で千曲川が氾濫し、近くにある北陸新幹線の長野新幹線車両センター(長野市)が浸水したと発表した。同新幹線の全車両の3分の1に当たる10編成120両が水に漬かり、ダイヤに影響が出るという。同社によると、13日に東京−長野間の上下線で臨時列車計4本を運行。14日以降は当面、本数を減らして同区間を折り返し運転する。12日から計画運休を実施したJR各線は、順次運転を