JR東海によるリニア中央新幹線の日吉トンネル掘削工事(岐阜県瑞浪市)で、土壌汚染対策法(土対法)の基準を超える有害物質のヒ素やフッ素を含む汚染土を同社が三河港明海(あけみ)地区(愛知県豊橋市)の埋め立て処分地に搬入していることが分かりました。本紙の取材に対し、瑞浪市の担当者が認めたもの。(丹田智之)岐阜・瑞浪市担当者認めるこれまで同社は「行政の認可を受けた専門業者に依頼して適切に処分している」