10日告示の参院埼玉選挙区補欠選挙(27日投開票)で自民党は独自候補の擁立を見送り、自主投票で臨む。圧倒的な知名度を誇る上田清司・前埼玉県知事と対抗するのは困難だと判断、「完全無所属」を宣言する上田氏を「改憲勢力」に取り込む狙いだ。だが、国内外に政策課題が山積する中、政権与党が国政選挙で有権者に選択肢を示さないのは異例といえる。補選は、自民党や立憲民主党など主要野党が候補擁立を見送る異例の構図